レビトラ最前線

レビトラの有効成分や有名なジェネリック医薬品、価格など

ED治療薬レビトラ

レビトラの有効成分や有名なジェネリック医薬品、価格など

ED治療薬レビトラ錠剤

レビトラの主な有効成分

EDの治療薬・レビトラには、有効成分としてバルデナフィルが配合されています。

バルデナフィルは、PDE5型酵素阻害薬です。

PDE5型酵素は元々体内にある酵素で、勃起の維持に必要な血管の拡張物質を壊す作用のある酵素です。

男性が性的に興奮すると、体内に一酸化窒素が発生してその結果血管拡張物質が大量に作られます。

血管拡張物質は陰茎の動脈血管を拡張させて血液が流れ込み、勃起が起きます。

しかしPDE5型酵素が作用すると、この血管拡張物質が壊されてしまうので陰茎の血管が弛緩して勃起現象が終わります。

ED治療薬レビトラの有効成分バルデナフィルは、PDE5型酵素の働きをシャットアウトすることで血管拡張物質の減少を防いで勃起の継続を助けます。

レビトラの有名なジェネリック

勃起不全のED治療薬として有名なのがドイツで開発された「レビトラ」です。

ほかの類似薬品と違い副作用も少なくて、成分の吸収が良いので効き目が早いのが特徴です。

しかし、レビトラは一錠当たりの価格が2000円と高いのがネックとなり、使用を断念せざる負えない人もいます。

そんな方にお勧めなのがレビトラのジェネリック薬品の使用です。

レビトラと有効成分も同じで効果も同じなのに格安で使用することができます。

代表的なジェネリックとしては、「バリフ」や「ブリトラ」があります。

通販サイトでの個人輸入でお購入できるので、「レビトラ」で得られる効果をもう一度実感したい方は、こうしたジェネリック薬品の使用をお勧めします。

レビトラの値段・価格は?

ドイツが開発したEDや勃起不全薬のレビトラは、即効性が高く副作用も少ないため人気があります。

レビトラの値段は病院での処方と通販での価格には違いがあります。

病院で処方された場合には、20mgの場合で一錠2000円、10mgでは一錠1500円となっています。

これに、別途、診察代や処方箋料がかかるので実質的にはもっと自己負担額が増えるでしょう。

一方、通販サイトの場合は、20mgの場合でも1219円、10mgでは1136円となっています。

正規品でありながらもかなりお安く購入できるのがメリットです。

しかし、初めてレビトラを使用する場合には、人により様々なリスクの危険もありますので、病院での処方がおすすめです。