レビトラ最前線

ED治療薬の中で初心者にもオススメできるのは?

悩む男性

ED治療薬の中で初心者にもオススメできるのは?

錠剤

日本では、勃起不全で悩む男性が増えています。

勃起不全というと、昔は中高年男性に多い病気でしたが、最近は、ストレスが多い社会になっていることもあり、若い男性でも勃起不全の治療を受けている人は少なくありません。

勃起不全には、心因性の勃起不全と、器質性の勃起不全があります。

心因性の勃起不全は、仕事や家庭での様々なストレスや心配が原因となり、健康なのに勃起しない状態です。

器質性の勃起不全は、ケガなど体の状態が原因の勃起不全です。

中高年世代の男性は、生活習慣病が原因で勃起不全を発症しているケースも多いです。

特に糖尿病は、勃起不全を合併している人が少なくありません。

勃起不全には、様々な治療法がありますが、主流は薬物治療となっています。

優れた勃起不全の治療薬が開発されているため、多くの男性が利用しています。

勃起不全の治療薬は、服用すると勃起をサポートしてくれます。

現在、3種類の治療薬が勃起不全の治療薬として認可され、処方されています。

勃起不全の治療薬は、PDE5阻害薬と言われています。

PDE5は、海綿体に多い酵素で、平滑筋を弛緩させる物質を分解します。

PDE5は、勃起には障害になるので、PDE5阻害薬によって酵素を抑え、平滑筋をゆるめて血液の流れが良くなるようにします。

血液の流れが良くなって、海綿体に血液が一気に流れ込むことによって、勃起が促されるのです。

最近は、勃起不全のことをEDと呼ぶことが多くなっていますが、ED治療薬の中ではレビトラがオススメだという人が少なくありません。

初心者でも、レビトラを利用している人は多いです。

レビトラは、ED治療薬としては2番目に誕生した薬で、製造販売はドイツの有名製薬会社が行っています。

日本でも、2004年4月に製造販売が許可され、2004年6月に販売が開始されています。

レビトラには、水に溶けやすいという特徴があり、この特徴は、3種類のED治療薬の中で、レビトラ特有のものです。

性的な刺激を受けると一酸化窒素が放出されて、血管を拡張させる物質が増え、血液が一気に海綿体に流れて勃起します。

レビトラは、他のED治療薬と同様にPDE5を抑える作用があるので、勃起をサポートすることができるのです。

性行為の1時間前に服用すると、空腹時であれば20分くらいで効果を感じる人もいます。

1日1回の服用で、次に服用するまで、必ず24時間以上時間を空けるようにします。