レビトラ最前線

レビトラ?レピトラ?レビトラの事を詳しくなろう

ED治療薬レビトラ

レビトラ?レピトラ?レビトラの事を詳しくなろう

錠剤

レビトラの別名称や間違い名称など

レビトラは比較的新しいED治療薬です。

しかし、後発の製品ながらも、非常に有能なメリットを持っており、即効性が極めて強く、それでいて副作用の発生リスクが小さい、というED治療薬としてのいいとこ取りが実現した画期的な新製品となります。

ただ、国内では名前が間違われる事がしばしばあります。

カタカナ表記の正式名称はレビトラです。レピトラやレビトア等、音の響きが似た別名称と呼ばれてしまう事も多いです。

レピトラやレビトアも、おそらくED治療薬レビトラを指している事が大半であり、特にユーザーの間ではそれらの表記が混同されがちです。

レピトラやレビトア等の医薬品は存在しませんので、情報収集をネットでする際は必ず正しい表記を守って使いましょう。

レビトラを製造している会社・メーカーの特徴

レビトラの製造会社は、世界的に有名なメーカーであるドイツのバイエル薬品です。

日本では、2001年にレビトラの承認申請が行われ、2004年4月に製造販売が許可され、同年の6月に販売がスタートしています。

レビトラの特徴は、水に溶けやすいことです。

そのため、最高血中濃度に達する時間が早く、日本で販売されている勃起不全の治療薬の中では、最も早くなっています。

レビトラは、性的な刺激を受け勃起した時にサポートする治療薬です。

服用については、性行為の1時間前に服用します。

10mgのレビトラは、服用してから4時間から5時間作用し、20mgだと8時間から10時間くらい作用します。

レビトラを服用する場合は、医師から指示された用法と用量を必ず守って服用することが大事です。

レビトラの歴史や呼び名の由来など

レビトラは、世界で初めて登場したEDの治療薬バイアグラに続いて登場したED治療の医薬品という歴史のある薬です。

レビトラという薬の名前は、ラテン語とフランス語で男性の命の灯という意味を持っています。

この呼び名には、服用するとすぐに灯がつく、つまり即効性が高いという意味がこめられています。

バイアグラに続いて登場したという歴史を持ち、即効性を意味する呼び名のレビトラの有効成分はバルデナフィルです。

バルデナフィルは、勃起の終息をもたらす体内酵素のPDE5型酵素の作用をブロックする効能を持つ薬です。

空腹時の服用が適しているバルデナフィルは、服用から血中で薬効成分が最高に達するまでの時間が短くすぐに灯がつくという意味の呼び名レビトラとして販売されています。